病院紹介

理事長・院長あいさつ

理事長・院長あいさつ

あわせ訪問看護ステーション

医療法人タピック 理事長
沖縄リハビリテーションセンター病院 院長

宮里好一

タピックの存在意義と目指すもの

 タピックは、大学病院にいた一人の医師の決意から生まれました。1989年12月2日です。沖縄島北部の名護市にある病院が閉鎖され、その後に起きた状況の困難さと地元のみなさまからの切実な要請に突き動かされたためでした。「早く病院を再開する」という覚悟と「新しい医療を創造したい」という希望が重なって歩み始めました。

 20年後、再びある出会いがタピックを変化させました。生きがいを失ってうつ状態になっていた女性高齢者が、医療以外の文化やスポーツの世界にタピックの視野を広げたのです。こころの医療から総合的な人間の回復・リハビリテーションへ、そして医療と文化やスポーツ、自然、交流・観光事業の世界との融合への深化です。

 そして、今、総合ウェルネス産業グループとしてまちづくりを通して、沖縄・日本だけでなく、アジアや世界の国々へ貢献することがタピックの存在意義であり、「社会の再構築、再生と創造の道」であることがわかったのです。

 観光やスポーツ、自治体からの指定管理事業などへ業態が拡大したタピックグループの原点は、医療です。苦しむ人に手を差し伸べる仕事です。そのことで生きがいを感じる仲間が集まりました。
いろいろの出会いに恵まれ、人や仕事の内容が増え、さまざまな困難がある社会の中で、「笑顔をみたい、幸せをともにしたい」という気持ちはますます高まっています。それが私たち一人ひとりの生きる意味、幸せでもあるのです。

 タピックは、「人と社会を大切にする」、「そのためには、常に学び変化し、進化し続ける」をモットーに、努力しております。今後、「リハビリテーションや心の分野」を中心とする医療を更に深堀りするとともに、健康をキーワードとしてつながる新事業にも勇気をもって踏み出していきます。

 21世紀のまちづくり、沖縄・日本の社会的課題やSDGsなど人類共通の課題の解決に向けて役割を果たすことを使命に掲げています。 21世紀の起始年2001年に放映されたTV「ちゅらさん」が明るい沖縄を全国民へ知らしめました。沖縄の本土復帰50年となる2022年4月から始まるTV「ちむどんどん」は新しい沖縄の魅力を発信するでしょう。タピックも進化した姿で、猛々しい虎の如く躍動します

2022年1月5日