病院紹介

病院紹介

病院概要

病床数、診療科目、各階案内・主要設備

病床数

410床
・回復期リハビリテーション病棟199床
・精神科病棟211床

診療科目

整形外科(一般、スポーツ)、リハビリテーション科、脳神経外科、精神科、内科

各階案内

新館
【6階】職員ラウンジ、リハビリテーション室、講堂、教育研修センター
【5階】(てぃーだ)病棟(回復期リハビリテーション病棟)53床
【4階】(ちゅらうみ)病棟(回復期リハビリテーション病棟)53床
【3階】(ゆいんち)病棟(回復期リハビリテーション病棟)53床
【2階】(はいさい)病棟(回復期リハビリテーション病棟)40床
【1階】地域連携部、沖縄ケアサポートセンター、セントラルキッチン

本館
【8階】精神科デイナイトケア
【7階】(ゆいまーる)病棟(精神療養病棟)53床
【6階】(ちむがんじゅう)病棟(精神科一般病棟)48床
【5階】(なかゆくい)病棟(精神療養病棟)55床
【4階】(かなさん)病棟(精神科一般病棟)55床
【3階】手術室、医局、管理部門
【2階】外来リハビリテーション、高次脳デイケア、精神科デイケア、百歳堂デイケアセンター
【1階】外来、医事課、薬局、検査、放射線、リハビリガーデン

主要医療設備

■MRI
■ヘリカルCT
■バイオクリーン手術室
■高周波熱凝固装置システム
■ロボットスーツ「HAL」
■上肢訓練機器 「IVES(Integrated Volitional control Electrical Stimulator)」
■ドライブシミュレーター(Hondaセーフティナビ)

職員数(合計:750名)

画像:スタッフイメージ

画像:スタッフイメージ

医師

24人

看護師

206人

理学療法士

92人

作業療法士

76人

言語聴覚士

37人

社会福祉士

14人

精神保健福祉士

10人

薬剤師

10人

保育士

12人

放射線技師

4人

臨床検査技師

4人

介護福祉士

38人

管理栄養士

11人

公認心理師

4人

診療情報管理士

2人

その他

188人

調理師

18人

※2021年12月現在

回復期リハ看護師 認定者:6名
回復期セラピストマネージャー 認定者:9名

沿革

  • 1989年 
  • 12月

創業

  • 1990年 
  • 1月

宮里病院開設(名護市)

  • 1993年 
  • 10月

老人性痴呆疾患センター開設(厚生省・県指定補助事業、県内初)

  • 1996年 
  • 3月

老人保健施設亀の里開設(80床、沖縄市)

  • 6月

宮里病院一般療養型病床72床増床(県内初:総計239床)

  • 11月

沖縄リハビリテーションセンター病院開設(200床、沖縄市)

  • 1997年 
  • 4月

入所授産施設コンシェル開設(30人定員、名護市)

  • 1998年 
  • 4月

宮里病院老人性痴呆疾患治療病棟50床・同デイケア施設開設(国保補助事業)

  • 1999年 
  • 10月

「痴呆の基礎知識」著者宮里好一刊行、全国痴呆関連図書でベストセラーとなる

  • 2001年 
  • 10月

全国リハビリテーション・ケア合同研究大会・沖縄2001開催(会長:宮里好一)

  • 11月

沖縄県中部圏地域リハビリテーション広域支援センター指定

  • 12月

インドネシア・ワヒド大統領夫人が沖縄リハビリテーションセンター病院を視察訪問
アジアリハビリテーションの船:アース号構想の実現を宮里理事長が言明

  • 2002年 
  • 3月

職員宿舎「ラ・ファミーユみやざと」竣工

  • 2004年 
  • 7月

宮里病院北病棟3階増築(急性期精神科治療病棟整備)

  • 2006年 
  • 8月

タピック沖縄株式会社設立

  • 2007年 
  • 9月

沖縄県高次脳機能障害支援・普及事業の拠点病院として
沖縄リハビリテーションセンター病院が指定(県補助事業)

  • 2008年 
  • 4月

沖縄会社保険センター・ペアーレ沖縄を国より継承しオープン(沖縄市)

  • 11月

第5回国際健康産業サミット(北京)にて宮里理事長の講演と老人ホーム視察・助言

  • 11月

JICA「草の根技術協力:地域提案型・フィジー国理学療法士臨床技術研修」を沖縄リハビリテーションセンター病院にて3名受入れ(平成21年継続)

  • 2009年 
  • 2月

沖縄厚生年金休暇センターを国から継承しウェルネスリゾート沖縄休暇センター
ユインチホテル南城オープン(南城市、タピック沖縄株式会社運営)

  • 4月

沖縄市長一行と蘇州市・上海市の健診センター・中国医院視察

  • 5月

名護市スポーツリハビリテーションセンター・スポークの指定管理事業者受託

  • 11月

特定非営利活動法人・国際リハビリテーションスポーツ振興協会IRS設立

  • 12月

南城ユインチ鉱山天然ガス探鉱・試掘工事(国庫補助事業)

  • 2010年 
  • 2月

上海交通大学付属病院の4人の中医学教授・医師を招聘し南城市にて講演
(徐葆光の道を歩もう階主催)

  • 2月

深圳市音楽専門学校生徒・教師・父兄51人の文化交流旅行受入れ

  • 4月

適合高齢者専用賃貸住宅ラ・ペジーブル泡瀬開設(48人定員)

  • 10月

一般・高専賃・障がい者含む多層共同住宅ラ・ペジーブル名護開設

  • 2011年 
  • 2月

南城市の元気プロジェクト事業(県事業)として、上海・北京からの医療ツーリズム
モニターツアー受入れ

  • 2013年 
  • 3月

東南植物楽園継承

  • 2014年 
  • 3月

屋我地ビーチ継承

  • 2015年 
  • 12月

「タピックの新医療革命21世紀の世界を支えるために」著者宮里好一刊行

  • 2016年 
  • 2月

「コージェネレーション大賞(民生用部門)特別賞」受賞:ユインチホテル南城
(県内リゾートホテル初巣養成天然ガスでコージェネレーションシステムを実現)

  • 3月

回復期リハビリテーション病棟協会 第27回研究大会in沖縄 運営(本部事務局)

  • 4月

JRAT(大規模災害リハビリテーション支援関連団体協議会)
医師1名・セラピスト2名活動参加(熊本地震)

  • 6月

沖縄県 認知症疾患医療センター(北部圏域)宮里病院 指定

  • 9月

知念海洋レジャーセンター 継承

  • 10月

プライムガーデンうるま・デイサービスプライム 継承

  • 11月

あわせ訪問看護ステーション 再開

  • 12月

公益財団法人日本医療機能評価機構 病院機能評価 認定
(本体機能及び付加機能リハビリテーション:沖縄リハビリテーションセンター病院)

  • 2017年 
  • 1月

琉球ゴールデンキングス トップオフィシャルパートナー(タピックグループ)

  • 7月

ウェルネスリゾート沖縄休暇センターユインチホテル南城アネックス・ビル グランドオープン

  • 7月

玉木病院 継承

  • 9月

サービス付高齢者向け住宅 ラ・ペジーブル泡瀬 2号館 開設

  • 12月

地域未来牽引企業(産業活動部門) 受賞(医療法人タピック宮里好一理事長)

  • 2018年 
  • 4月

おきなわ地球こども園(幼保連携型認定こども園市内初) 開園(定員135名)

  • 4月

ちばな学童クラブ 開校(東南植物楽園内)

  • 6月

タピック県総ひやごんスタジアム 施設命名権契約

  • 6月

ネオパークオキナワ 運営

  • 8月

JRAT(大規模災害リハビリテーション支援関連団体協議会)
医師2名・セラピスト4名活動参加(岡山県真備町豪雨災害)

  • 2019年 
  • 3月

複合型施設タピックこども館 開設(タピック沖縄株式会社)

  • 4月

民宿つけん オープン

  • 4月

沖縄市立総合運動場及びコザ運動公園 指定管理
(おきなわスポーツイノベーション協会株式会社タピックグループ)

  • 4月

コザ運動公園 指定管理

  • 2020年 
  • 4月

カンナタラソラグーナ 指定管理

  • 4月

名護中央公園 指定管理

  • 4月

浦添大公園 指定管理

  • 7月

沖縄リハビリテーションセンター病院 新館 オープン

メディカルホール体制

病棟のことを当院では「ホール」と命名しています。
ホールとは、多職種混合組織体制のことです。ホールでは、専門職がその専門性を発揮し、クライエント(患者)とその家族の回復をチームで支援しています。

画像:メディカルホール体制

地域未来牽引企業

医療法人タピックは、「地域未来率引企業」として経済産業省から選定されました。

このたび、地域経済を率引することが期待される「地域未来率引企業」として医療法人タピックが2017年12月22日に経済産業省から選定されました。
全国では2148企業、沖縄は45企業(医療・福祉はタピックのみ)が選定となります。
今後は地域医療への貢献のほか、グループの総合ウェルネスネットワーク構築により磨きをかけ、沖縄県の健康長寿ブランド復活への貢献と、医療とスポーツ・文化を融合した新しい観光産業のブランド創出を目指します。

選定日:2017年12月22日

画像:経済産業省選定 地域未来牽引企業

地域未来牽引企業について

画像:認定証

日本医療機能評価機構

沖縄リハビリテーションセンター病院は日本医療機能評価機構の認定病院です。

 沖縄リハビリテーションセンター病院は、2016年7月下旬に、財団法人日本医療機能評価機構による病院機能評価の審査を受け、
機構の定める認定基準であると評価され、12月2日に主たる機能:「リハビリテーション病院」において認定されました。
 また、同時に受審しました付加機能:「リハビリテーション機能」も合わせて認定されました。
 本体機能、付加機能を同時に認定されることは全国的にも稀なケースとして高く評価していただきました。

 今後も、当法人の理念であるTotal、Academic、Popular、International、Centurialを旗印に、7つのリハビリテーション(総合リハビリテーション、地域リハビリテーション、自然リハビリテーション、心理リハビリテーション、国際リハビリテーション、旅行リハビリテーション、スポーツリハビリテーション)達成に努め、地域の皆様にご評価頂けるよう、病院機能の維持と向上に邁進いたします。

病院機能評価とは

 病院機能評価は、我が国の病院を対象に、組織全体の運営管理および提供される医療について、病院機能評価機構が中立的、科学的・専門的な見地から評価を行うツールです。病院機能評価機構は、病院機能評価を通じて、病院の質改善活動を支援しています。
病院機能評価により、一定の水準を満たした病院は「認定病院」となり、認定病院は、地域に根ざし、安全・安心、信頼と納得の得られる医療サービスを提供すべく、日常的に努力している病院と言えます。現在、全国の約3割の病院が病院機能評価を活用しています。

公益財団法人 日本医療機能評価機構