病院紹介

病院紹介

理念・ミッション・
目指す職員像・職業倫理指針

医療法人タピックの理念 TAPIC

Total

総合性

患者さんを心と体、社会性
という総合的な存在として
捉える総合医療

Academic

探求性

未踏の分野を目指し
探求する専門家集団

Popular

患者の立場

原点は
病む心への援助

International

国際性

視界をアジア・
世界
に向ける

Centurial

21世紀に
ふさわしい

新世紀の担い手

目指す7つの
リハビリテーション

1
総合リハビリテーション

子どもから高齢者まで、亜急性期から回復期・在宅までにわたるリハビリテーション

2
地域リハビリテーション

病院、老健、訪問看護ステーション、在宅介護支援センターを中軸に諸機関と手をつなぎ、障害を持っても地域で安心して暮らせる地域医療システム

3
自然リハビリテーション

沖縄の海洋資源などの自然と農・漁業を活用するリハビリテーション技術の創出

4
心理リハビリテーション

障がいを持った人の心の側面を重視した心理サポートシステム

5
国際リハビリテーション

リハビリテーションを通してアジア・世界の人々につながる国際交流と人材育成

6
旅行リハビリテーション

旅は、脳とこころと体を同時に活性化する。空間移動の喜び、自信の回復と新たな出会いの場

7
スポーツリハビリテーション

運動能力向上効果と愉しみ。健康保持、病気予防の武器となり、認知症とがん発症の抑制。生活の軸、人生の支え


当院のミッション

医療法人タピック 沖縄リハビリテーションセンター病院は、本業の医療・福祉 事業とともに、CERプロジェクトを展開し地域社会の発展と安定に貢献します。

  1. 病院で働く全ての職員はタピックの理念を深く理解し、当院が掲げる7つの リハビリテーション(総合・地域・自然・心理・国際・旅行・スポーツリハビリテーション)を実践し、障害のある人々や高齢者およびその家族が 住み慣れた地域で、そこで住む人々とともに、一生安全に、生き生きとした 生活が送れるように支援します。
  2. CERプロジェクト
    • Culture( convenience)
      地域に住む人々が健康で文化的生活を営み・互いに助け合う町の実現に向け努力します。
    • Education
      子供達が大切に育まれ、子供からお年寄りまで幅広く生涯学習 (スポーツを含む)が受けられる「社会教育事業」を展開します。
    • Rehabilitation
      障害のある人々や高齢者の生き甲斐や自立を支援するまちづくりを目指します。

目指す職員像

  1. 自然な温かいあいさつができる
  2. 利用者、患者、家族の気持ちを受け止め、専門職として真摯に対応する
  3. 担当の基礎技術が備わり、必要とされる専門性を習得している
  4. 同僚や上司、他の職種と協調して仕事が出来、信頼されている
  5. きびきびと業務をこなし、就業規則を守って勤務する
  6. 探求心があり、カンファレンスや研修に積極的に参加し、発表する 向上心がある
  7. 無駄のない物品管理やコスト削減に向けて協力し、経営の発展に貢献する
  8. タピックの理念・方針を深く理解し、組織の一員として夢を共有し働いている
目指す職員像

職業倫理指針

  1. 私たちは、患者さんとその家族の人格を尊重し、奉仕します。
  2. 私たちは、患者さんの知る権利と自己決定の権利を尊重し、擁護します。
  3. 私たちは、患者さんのプライバシーを尊重し、個人情報の保護に努めます。
  4. 私たちは、常に自らも研鑽に努め、安心で信頼される最善の医療が提供できるように心がけます。
  5. 私たちは、互いに専門性を尊重し、尊敬し合い、良い協力関係を築き、最善の医療の実施に向け、チーム医療を推進します。
  6. 私たちは、医療従事者としての自覚と責任を持ち、医療の公共性を重んじ、地域貢献に努めます。
  7. 私たちは、常に患者さまの権利とプライバシーを尊重し、人間を直接対象とした医療及び医学の研究を行います。