介護職

介護職

各部署・職種紹介

介護職

私たちは生活援助のプロとして あらゆる障がいのある方々へ 心のケアと在宅復帰を支援します。


介護職の役割

介護職の役割

介護職の役割

介護職の役割

私たち介護職は、様々な障がいのあるクライアント(患者)に対し食事・排泄・入浴といった生活援助で接する時間が長く、その中でクライアントの想いや心身の変化に気づく機会が多い職種です。その気づきを多職種チームへフィードバックし自立支援へ繋げています。
クライアントと日々信頼関係を構築し心のケアを行いながら、在宅復帰を見据えた日常生活動作の自立を、各専門職チームの一員としてリハビリを支援しています。


多職種協働で生活動作の評価

クライアントの入浴動作やトイレ排泄動作などを在宅で自立できるよう、看護やリハ職と意見交換しています。

多職種協働で生活動作の評価


ご家族への介護指導

クライアントの在宅復帰へ向けて、必要な介護用品の説明や使い方の指導、介護の方法の指導など、実際にご家族と行いながら分かりやすく指導しています。

ご家族への介護指導