看護

看護

各部署・職種紹介

看護


私たち看護は、全ての障がいと向き合い再び”地域で暮らす”を支えます


タピック看護の理念

温かく人と関わる

タピックの理念に基づき温かく豊かな人間性をもって
あらゆる人々の尊厳を守る

仲間と歩む

チームの一員として、個性豊かな仲間を大切に協働し目標に向かって歩む

プロフェッショナルを追求

専門職としての自覚を持ち、医療の本質を追求する

学びを楽しむ

創造性、主体性を持ち、体験を通して成長を楽しむ

生き活き働く

自ら心身を整え、生き活きと行動し、周りに明るさを与える

温かく人と関わる

看護部のミッション

わたしたち看護職は、様々な理由で自らの意思と力だけでは生活を上手くできない方々の『生きる』に寄り添い、それぞれのクライエントがクライエントらしくこれからの生活を送っていけるよう心身両面から回復力をサポートし、住み慣れた地域・社会で暮らすことを支援します。

看護ケアの目標

  1. クライエントの身体・心理・社会的側面、家族理解・退院後の生活を見据えた情報を収集し、看護診断できる。
  2. リハビリテーションが効果的に行えるよう心身のコンディションを整え、生活の再構築に向けて目標を管理し、入院生活の中で自立支援へ向けたケアを実践していく。
  3. 障がいの克服へと導くためにクライエントと信頼関係を築き自己効力感が高まる関わりができる。
  4. 家族を支え、在宅復帰への準備を整えることができる。
  5. 多職種チームの一員として役割を発揮できる。
  6. クライエント、家族の意向を受け止め尊重できる。

看護の教育体制

1

実践を通した体験・思考型教育を主とし、シミュレーショントレーニングやケースカンファレンス・研究発表に力を入れています。

2

プリセプター+アソシエイトナースによる、習熟度に合わせた個別指導を行います。

3

電子図書の利用により、自分の時間に合わせた学習が可能です。

看護の教育体制


その人らしさを大切にする自立支援

当院は、回復期リハビリテーション病棟と精神科病棟を有しています。 いずれにおいても私たち看護職は、様々な障がいにより生きづらくなった方々へ、入院生活の中でクライエント(患者)の “こころ”と“からだ”へ働きかけて回復する力を引き出し、社会生活への自立に向けて取り組みます。

その人らしさを大切にする自立支援

家に帰ることが難しいとあきらめかけていても、私たちは、クライエントご自身でできるよう食事・排泄・入浴などの生活場面であきらめることなく働きかけます。
また、在宅へ向けた自己導尿や吸引の方法、胃ろう管理の方法をご家族へ伝えるなど、医療ケアの必要な方の自宅への退院を支援します。

画像【比嘉看護師による生活支援場面2】



多職種協働で“できる”を支援する

クライエントの食事や排泄、入浴、移動動作について、ICF(国際生活機能分類)を基本にクライエントが“できること”に視点を向けて、多職種協働で支援します。

整形手術前から退院まで

膝関節の手術により歩行機能の回復を図るクライエントへ、手術前から関わり退院まで一連の看護を提供しています。

整形手術前から退院まで


看護のやりがい

私たちは、クライエントの機能回復を間近で支援でき、クライエントに寄り添った身体的・精神的サポートを行い、クライエントに時間をかけてより丁寧に関われることにやりがいを感じています。

看護のやりがい


回復期リハビリテーション認定看護師

クライエントの自立と社会復帰を目指して、全身管理を行いながら生活リハビリを実施しています。
また、看護の質向上のための教育にも取り組んでいます。