新着情報

依存症病棟 11月プレオープン

2022.10.31

お知らせ

依存症病棟 11月プレオープン

 当院は今年4月に沖縄県より依存症専門医療機関に選定され、依存症入院治療を開始いたしました。依存症診療は、ご本人が変わろうと思ったそのタイミングで医療を提供できることが重要ですが、依存症診療のニーズが大きく、準備していた病床がすぐに埋まり、入院まで長期間お待たせしてしまっている状況でした。そのようなタイムリーな入院治療を提供できない状況に私たちは歯がゆさを感じておりました。
 そこで、大きなニーズに応え、より質の高い依存症診療を提供するため、依存症病棟を開設します。本格運用は令和5年4月を予定していますが、いち早く開棟することが重要と考え、11月にプレオープンいたします。
 当病棟のキャッチフレーズは「笑顔でつながるストレスケア病棟」です。医師、看護師、作業療法士、公認 心理師、精神保健福祉士の多職種チームで取り組んでいきます。そして、クライエントの様々な背景を捉え、一人一人に寄り添ったケア、そして、様々な生きづらさを抱えた方が、ほっと一息つけるような空間を目指しています。また、ご家族支援や地域断酒会等の自助 グループ、他施設との「繋がり」にも力を入れていきます。
 依存症は、人との繋がりによって回復していきます。快適に笑顔で過ごせる環境を提供し、様々な人生のストーリーに触れ、信頼できる人間関係を築き、笑顔で楽しい時間を共有しながら、今後に向けて、そっと背中を押す。これが私たちの依存症診療です。お酒をやめるように説教したり、強く指導したり、ということは行いません(逆効果だからです)。

 今後も「健康で生きがいのある元気なまちづくり」を進め、地域に開かれ、ご本人はもちろんのこと、ご家族や支援者が気軽に出入りし、繋がっていけるような場にしていきたいと思っています。

 

記事一覧に戻る